Welcome to Minkyouren!

日本民教連からお知らせ

日本民教連7月代表者会のお知らせ

日時  7月9日(火)18時30分より

場所  南大塚地域文化創造館第2会議室(労働会館ではないのでお間違えのなきよう)

【議 題】先に会議を行います。
1.「子ども・教育・憲法を守る合同集会」のまとめと反省

2.民教連ニュースについて
      5月号の感想を。/ 7月号

3.夏季全国集会参加のみなさんへ
      大会配布のお願い

4.2019夏季全国集会報告について

5. 9月15日(日)「日本民教連の強化・発展をめざす懇談会」について

6. 12月8日(日)交流研について

7.財政部より

8.そのほか
 
【学 習 会】19時半から20時半
    確かさを踏まえた豊かで深い読み
   ~中学3年「故郷」(魯迅 竹内 好訳)~(文芸教育研究協議会)
*学習会には、是非お友達をお誘いください。

            夏季全国集会参加のみなさんへ

 民間教育研究団体に集う私たちは、毎年、猛暑の中、それぞれの団体の研究集会に参加し、子どもたち一人ひとりに寄り添った「楽しくわかる」授業づくりや、行き届いた教育のための条件づくりなどの実践を交流してきました。夏季研究集会は、子どもたちの可能性に励まされ、教育現場に生かすための大切な研究の場になっています。
 今、子どもたちは、過度な競争的教育を強いられ、死に至るいじめや虐待が発生し、食事さえ満足にとれない貧困にさらされ、高学費により、学ぶ権利だけでなく、生存権さえ保障されなくなっています。こうした状況に対して、2019年2月1日、国連子どもの権利委員会は日本政府に対して、「社会の競争的な性格による『子ども期』と発達が侵害されることがないように」措置すること、「子どもの意見表明権を『可能にする環境』をつくること」等を勧告しました。
 教育現場では、ゼロトレランスやスタンダード化等により、教員の専門性と教育の自由が奪われつつあります。
 現政権は、安保法を押し通し、嘘と隠蔽を繰り返し、民意をも踏みにじり、9条改憲に進もうとしています。又、「メディアの独立性」も危うい状況です。
 これは、結果的には戦争への道につながるものです。私たちは、この道を絶対に許すわけにはいきません。辺野古新基地建設反対の意志を三度あらわした沖縄県民のように、どんなに厳しくとも、諦めないことが重要です。
  これまで夏季研究集会では、平和を守り、子どもたちの健やかな成長のために、憲法の三原則(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)の理念や子どもの権利条約に基づいて、参加者と共に研鑽に励み成果を積み上げてきました。今年も、さらなる成果を得られることを祈念します。

       2019年 盛夏        日本民間教育研究団体連絡会

夏季全国集会参加のみなさんへ 横書きver-2.pdf
PDFファイル 66.2 KB
夏季全国集会参加のみなさんへ 縦書きver-2.pdf
PDFファイル 66.5 KB

民教連ニュース最新号です。

民教連ニュース252号(2019年7月号)

民教連ニュースは奇数月に発行します。(年6回)

世話人会の時の学習会の様子、加盟団体の実践などが記載されています。

購読希望される方は、各団体の民教連担当の方に申し込むか、

このHPの「お問い合わせ」フォームから申し込んでください。

年間購読料は、手渡しで1500円、郵送で3000円です。

「民教連ニュースの」購読を!.pdf
PDFファイル 72.1 KB